« 契約は、更新されませんでした | トップページ | ナイン・エンターテイン・バースデー・フェスティバル 2013 »

2013/09/22

「トム・ヤム・クン2」あらすじ


MThaiの記事
6แบนเนอร์คาแรคเตอร์ ของเหล่านักสู้ใน ต้มยำกุ้ง 2 3D และเผยเรื่องย่อ


オフィシャルFBのタイ語、及び、MThaiに載った英文のあらすじを元にしています。


「トム・ヤム・クン2」あらすじ

象キャンプの所有者である有力者のスチャート氏が殺害された。
特徴のある殺害のされた方で、3つの急所を狙って、殴打されるという特徴的な殺され方だった。
カームは、そのスチャート氏に最後にあった人物で有り、証拠は、彼が犯人であることを指し示していた。
また、彼は、特別な闘う力があるために、容疑者として追われることとなった。
カームは、逮捕されることから逃れ、逃走した。
そして、更にスチャート氏の双子の姪たちからも、怨まれ、追跡されることとなった。
しかし、彼を運が味方し、マーク巡査の助けもあって、彼は、逃げ延びた。
マーク巡査は、国際警察から、特殊な任務を受けて、シドニーからやってきたのだ。
更に、カームは、逃げながら、それと同時に、象のコーンを探していた。
友達で有り、家族である象のコーンは、少し前に、何ものかによってさらわれてしまっていたからだ。
長い逃走の末カームは、秘密の組織のビッグボスLCによって、組織に連れて行かれた。
LCは、世界中から、戦士を集めていた。
戦士たちにはそれぞれ番号が刻まれていた。
ボスのお気に入りは、No.20。
No.IIは、ボスの目的のために、カームを捕まえるつもりでいました。

ここまでが、今、発表されているあらすじです。
ここから更に物語が展開していきそうですが、そのあたりはまだ何も語られてはいません。
映画を見てのお楽しみといったところなのかもしれません。

この発言は「ジージャーさんの「出演映画」を日本で観たい !!」にも載せています。

|

« 契約は、更新されませんでした | トップページ | ナイン・エンターテイン・バースデー・フェスティバル 2013 »

トム・ヤム・クン2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37986/58088787

この記事へのトラックバック一覧です: 「トム・ヤム・クン2」あらすじ:

« 契約は、更新されませんでした | トップページ | ナイン・エンターテイン・バースデー・フェスティバル 2013 »