« ジージャーさん、出産おめでとう | トップページ | 「チョコレート・ガール バッド・アス!!」でソラヤを演じた女優さん »

2013/01/29

「チョコレート・ガール バット・アス!!」を観てきました

Poster01

「チョコレート・ガール バッド・アス!!」を観てきました。
以前、監督のマムさんは、「アジアンスマイル」のインタビューでこう答えていました。
『ジージャーがこれまで出演した映画はアクションだけだったので、彼女の別の一面を見せたかったんです。』と。
「Jukkalan」から「This Girl Is BAD ASS!!」へと編集されても、その部分はぶれなかったなぁ。
この作品には、日本にはなじみのないタイのコメディアンの方がたくさん出ています。
もしかしたら、吉本新喜劇みたいに、この人にはこんな定番なギャグって感じのものがあるかもしれませんが、日本人にはそのあたりわからないままなんでしょうね。
タイ語が分かるともっとわかるのかなぁ。

この作品は、2010年に撮影され、タイでは、2011年春に公開されています。
既に1年半ほど前の作品になります。

日本での映画の宣伝では、『タイ映画のコメディ要素はほとんど排除され、【ジージャー・ヤーニン】のアクションを大々的に取り上げた作品』とあったのですが、もとの「Jukkalan」は、コメディだからいいと言う作品だったので、心配したのですが、コメディ要素も十分残った上で、アクションが追加されていました。
なので、宣伝のまま、アクションものとして観に行くと肩すかしをくらうかもしれません。

この作品のよさは、ジージャーさんの多面的なよさが出ている点だと思います。
恋をしたり、怒ったり、泣いたりといろんな表情を見せてくれるちょっとやんちゃな女の子。
だから、「チョコレート・ファイター」のゼンのように並外れて強いと言う描写はないと思います。
そうはいっても、ジージャーさんが演じるわけで、普通のそこいらの女の子よりは断然強いです。
子どもの頃から、その辺の男の子よりも強かったと言う描写もあります。

それから、「Jukkalan」で描かれたアクションよりも更に過激になったシーンが追加されていました。
一部、繋がりがとれない部分もありましたが・・・。

後半の倉庫のアクションでは、いつものスタントのお兄さんを発見して、やっぱり彼らがいなくちゃねと思ったりもしました。
あと、同じような体格の女性とのバトルは、良かったと思います。
相手も動ける方なので、見応えあるシーンになっていたと思います。

また、ジージャーさんの愛すべき作品が増えたなぁ。
「チョコレート・ソルジャー」、「チョコレート・バトラー」と比べても、断然こちらの方がいきいきしたジージャーさんを見ることが出来ると思います。

素直に見て笑い飛ばしちゃうのが吉なんじゃないかなぁと思います。
私自身、子どもと観に行って、二人して笑ってみていました。
愛すべき良作です。


多くの人は、タイのもとの作品である「Jukkalan」を見ることはないと思います。
タイ映画というジャンルも、アクションだけでなく、様々な作品があり、日本では公開されないだけで、良い作品も少なからずあります。
日本で劇場公開しないから、一般公開でないからダメな作品という見方は、少し残念に思います。

|

« ジージャーさん、出産おめでとう | トップページ | 「チョコレート・ガール バッド・アス!!」でソラヤを演じた女優さん »

チョコレート・ガール バッド・アス!」カテゴリの記事

コメント

NAOさん、こんばんは。
お久しぶりです。
先日、「チョコレート・ガール バッド・アス!!」、観てきました。
NAOさんのレビューを読ませて頂いて、僕も、全く同意見ですね。
今までのシリアスなアクション映画とは違って、アクションコメディー映画だったので、ジージャーの新たな一面を観ることが出来たので、嬉しく思いました。
中々のコメディエンヌぶりで、今までの主演、出演作品では観たことないようなジージャーの「生き生きとした」演技&表情がとても素敵でしたね。
演技面に関しては、ジージャー作品の中では、一番輝いていた気がします。
とにかく、喜怒哀楽の表現力が秀逸。
今後、演技の幅を広げるためにも、アクション映画以外の作品への出演も、面白いのでは?って思いました。
「~バッド・アス!!」では、ロマンスの要素も含まれていたので、ラブコメ映画への出演とかも、面白そうな気がするんですけどね。個人的な意見になりますが・・・。
武田梨奈さんも、『祖谷物語―おくのひと―』って言う作品では、アクションを完全封印されているみたいですね。
コメディーパートも、日本人受けするようなベタがギャグも、結構あったので、スンナリと入り込めました。
日本語吹き替えで見たら、セリフがダイレクトに伝わるので、もっと面白く見れると思うんですけどね。
なので、日本版DVDリリースの際は、是非日本語吹き替えは収録してほしいんですよね。
アクション面に関しては、NAOさんの仰るとおり同じくらいの体格の女性とのバトルは、見応えがありましたね。
あと、「~ソルジャー」の泥酔拳のようなゆったりとしたアクションよりも、「~ファイター」や「~バッド・アス!!」のようなスピード感のあるガチンコアクションの方が、ジージャーらしさが出て、良いなあ~って思いました。
「~バッド・アス!!」では、アクションが原点回帰されていて、ジージャーワールド全開!!って感じで、とても迫力がありましたね。
BMX風のエクストリーム・アクションあり、ジャッキー・チェン風の色んなアイテムを応用したアクションあり、ムエタイ&テコンドーを駆使したガチンコアクションありと、アクションパートも、かなり充実していましたね。
お笑い&アクション満載で、まるで、全盛期の頃のジャッキー映画を観ているようで、面白かったと思います。
「チョコレート・ファイター」、「ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく」(チョコレート・ソルジャー)、そして、「チョコレート・ガール バッド・アス!!」と、日本で劇場公開された、ジージャー作品を全て、劇場で観れたのは、凄く記念になりました。(「チョコレート・バトラー」はDVDスルーでしたので、レンタルDVDにて、鑑賞しました。)
「トム・ヤム・クン2」は、出来れば、ミニシアターよりも、シネコンの大きな劇場の大きなスクリーンで、観てみたいですね♪
長文になってしまって、失礼致しました。
それでは、失礼致します。

投稿: ひろき | 2013/02/08 01:59

コメント、ありがとうございます。
雨の中でのガチアクションも良かったです。
倉庫の中でのアクションも、「マッハ!」のような蹴りもおぉって気持ちになりました。
アクションも演技も楽しめる一本だと思います。

映画では初めてのコメディですが、テレビでは、ショートコントをするような番組に出演されています。
たとえば、
http://www.youtube.com/watch?v=ZsOgr8RlgtY
相手役はドゥアンを演じていた方です。
黄色いジャージを演じているのは、映画で、モックを演じた人です。
他のコントには、映画で覆面をつけていたノーンさんも出ています。

「チョコレート・ガール バッド・アス!!」は、ほんとに楽しい作品でした。
スクリーンで観られるうちに何度か観ておきたいと思っています。

投稿: NAO | 2013/02/09 08:02

マイブログにトラバ&リンク&引用させてもらいました。
不都合あれば、コメントください。
なにとぞ宜しく!

投稿: ジョニーA | 2014/01/05 03:42

はじめまして。
「チョコレート・ガール バッド・アス!!」に関しては、「Jukklan」と「チョコレート・ガール バッド・アス!!」の違いなど、
http://togetter.com/li/510842
でつぶやきをまとめていますので良かったらご覧下さい。

ソラヤとジャッカレンの一騎打ち。
二つの映画では、それぞれ違いあり、興味深いです。

投稿: NAO | 2014/01/06 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37986/56649243

この記事へのトラックバック一覧です: 「チョコレート・ガール バット・アス!!」を観てきました:

» 【チョコレート・ガール】ジージャーちゃんだけ観ればいい映画w [ジョニー暴れん坊デップの部屋]
eiga.com 作品情報 『チョコレート・ガール バッド・アス!!』 ■解説:「チョコレート・ファイター」のジージャー・ヤーニンと「ダブルマックス」のペットターイ・ウォンカムラオ監督がタッグを組んだ痛快アクション。バイクメッセンジャーの少女ジャッカレンは、冷酷なマフィアのピアックから預かった密輸品を何者かに奪われてしまう。密輸品がピアックと敵対するゼンのもとにあることを突きとめたジャッカレンは取り戻しに向かうが、そこへピアックや元殺し屋の叔父ワンまで乗り込んできて……。 ..... [続きを読む]

受信: 2014/01/05 03:39

« ジージャーさん、出産おめでとう | トップページ | 「チョコレート・ガール バッド・アス!!」でソラヤを演じた女優さん »