« ファンタジア国際映画祭2012で「THE KICK」を上映 | トップページ | HAMBURGER vol. 10 no. 169 July 2012 »

2012/08/01

Eテレ お願い!編集長へ「アジア語楽紀行 旅するタイ語」をお願いしました

6189612

Eテレの『お願い!編集長』に「アジア語楽紀行 旅するタイ語」をリクエストしました。
2週間で100Eね!が集まると、編集長が、再放送のために奔走してくれるというものです。
NHKには、いろいろな語学番組がありますが、タイ語が取り上げられることはまれで、「アジア語楽紀行 旅するタイ語」の放送後は全く取り上げられていない状態です。

タイ語が気になる方、タイの風景を楽しみたい方、是非、Eね!をお願い致します。
Eね!の数は、直ぐには反映されないようですが、現在は、15Eね!になっています。

「アジア語楽紀行 旅するタイ語」の内容は、下記の通りです。

バンコクの街でのさまざまな場面をとおして、日常よく使う基本の会話を覚えましょう。

第1回・基本のあいさつ 
第2回・屋台で注文する 
第3回・アユタヤへ小旅行 
第4回・ホテルにチェックイン 
第5回・ビーチで過ごす 
第6回・ウイークエンドマーケットで買い物 
第7回・タクシーに乗る 
第8回・タイ古式マッサージ 
第9回・チェンマイで古典舞踊を観る 
第10回・お正月のお寺参り 
第11回・道を尋ねる 
第12回・タイシルクでオーダーメイド

追記(2012.8.21)
今回は、72Eね!まではいったのですが、残念ながら、100Eね!には届きませんでした。
なかなか、タイ語の講座の再放送は難しいですね。
再放送が無理なら、新しくタイ語の講座を放送して欲しいです。

|

« ファンタジア国際映画祭2012で「THE KICK」を上映 | トップページ | HAMBURGER vol. 10 no. 169 July 2012 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

以前、会社にヴェトナムからの研修生が来られていたことがあり、
このシリーズのヴェトナム語版をDVDも購入しました
語学の勉強や彼国を感じるスタートにピッタリかも

ただ、研修生の彼らと一緒に見ると、
彼らは恥ずかしさに身悶えしていました
なにかカリカチュアされたところや
若い人たちの感覚とは違うところがあるのかも
日本も欧米では妙に勘違いされてたりしますもんね

投稿: くま | 2012/08/02 18:38

コメント、ありがとうございます。
33Eね!まできました。
もしかすると、タイ語でも、そういう部分はあるかもしれませんね。

ひとつのパートが5分という短さながら、ポイントを押さえた入門語学番組として、是非とも放送して欲しいと思っています。

投稿: NAO | 2012/08/03 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37986/55310223

この記事へのトラックバック一覧です: Eテレ お願い!編集長へ「アジア語楽紀行 旅するタイ語」をお願いしました:

« ファンタジア国際映画祭2012で「THE KICK」を上映 | トップページ | HAMBURGER vol. 10 no. 169 July 2012 »