« カンヌのフィルムマーケット | トップページ | 「チョコレート・バトラー」のサントラ »

2012/05/20

一つの時代が終わること

Chinese_zodiac

このポスターは、ジャッキー・チェンさんの新作「Chinese Zodiac」のものです。
カンヌで、ジャッキーさんは、これが最後のアクション映画であることを発言しました。

今後、全くアクション映画に出ないのか、主演するような作品での出演をしないのか分かりませんが、一つの時代が終わったのだと思います。
彼自身が自分で思い描くような動きが出来なくなってしまったと言うことなんでしょうか?
寂しさはありますが、俳優としてのジャッキーは、まだまだこれからも観られると思います。
今後も、いろんな作品で楽しませて欲しいと思います。
「1911」でのジャッキーさんは、派手なアクションこそありませんでしたが、身軽に柵を越える姿はやはり、ジャッキー・チェンその人でした。

私が、最初に観たのは、「酔拳」だったと思います。
思えば多くの作品で楽しませてもらいました。
たくさんの楽しい映画をありがとう。
お疲れ様でした。

アクションをこなす上で、やはり体力的なピークというものはあるのでしょう。
ジージャーさんも釜山映画祭のインタビューで、自分のアクションのピークは、あと2,3年だろうという発言もされていました。

でも、きっとまだまだいけますよね。
若手の俳優さんのお師匠さん役とか、若手に絡む感じで、さらりとアクションを見せてくれたら嬉しいなぁなんて思います。

「Chinese Zodiac」の日本公開、楽しみにしています。
配給会社さん、この作品は、日本でも公開してくださいますよね。

カンヌでの会見などの記事
【カンヌレポート】ジャッキー、クォン・サンウ初共演作でアクション解禁のワケ明かす

ジャッキー・チェンがアクション映画を引退すると発言

「十二生肖」 成龍:最後一次大型動作片

成龍:“十二生肖”是最後一次搏命演出(組圖)

成龍私人座駕載眾星赴戛納 走紅毯宣傳《十二生肖》
(カンヌでの写真が複数掲載されています。)

Trailer For CHINESE ZODIAC, Jackie Chan's 'Last Big Action Movie'!

カンヌでのコメントしているところが映っている動画
○【Kwon Sang Woo】20120519 《十二生肖》成龙动作片收山作
(このチャンネルは「Chinese Zodiac」で共演しているクォン・サンウさんの映像をアップしているようで、「Chinese Zodiac」に関する動画もいくつかアップされています。)

○【Kwon Sang Woo】20120519 《十二生肖》优酷戛纳独家对话成龙
単独でのコメント動画

予告編

○'Chinese Zodiac' Trailer 2012 - Jackie Chan New Movie

○Chinese Zodiac Trailer Jackie Chan

追記

ジャッキーさんは、Facebookでこのようにコメントしています。
「I just want to let everyone know that I am not retiring from doing action movies. 」ということで、まだまだ、大丈夫そうですね。

Jackie_fb_comment

追記(2012.5.20)
昨日とは、記事のトーンが変わったようです。
ジャッキー・チェンがアクション業を引退宣言? その真意は?【第65回カンヌ国際映画祭】

追記(2012.6.1)
昨日、流れたツイートですが、既に日本での公開に向けて動き出しているようです。

「十二生肖/CZ12」応用情報。ロシアの配給権は“CP digital"というところが獲得しているそうですが、日本もほぼ決定しています。契約が正式に締結していないので、まだ名前は公表出来ませんが、公開規模は全国ほぼどこでも観ることが出来そうな大きさになりそうです!

追記(2012.6.20)
ジャッキーの「十二生肖/CZ12」の動向が気になる方は、ツイッターで、『大成龍祭2011 @daiseiryusai』をフォローされるといろんな話しが聞けると思います。
先日も、日本の配給に関してのツイートが流れていました。

|

« カンヌのフィルムマーケット | トップページ | 「チョコレート・バトラー」のサントラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は。TYG2撮影状況等情報、ありがとうございました。
2013年はトニージャー再来になりそうですね。ほんと楽しみです。

ジャッキーチェン最新作十二生肖。こちら、取り上げて頂いてありがとうございます。小学生の頃からジャッキーを見て育って来たので新作現代アクションは嬉しい限りですが、反面ハードアクション引退は寂しく悲しいです。でも、アクションは今後も撮り続けてくれるみたいなので今後も期待です。
新作は予告だけでも想像を遥かに遥かに超えていたので本編はとんでもない事になってそうです。
日本公開ですが、来年以降という情報も出ていまして、配給会社も10社は軽く超えて名乗り上げている状況と大人気、競争みたいです。どの会社配給でも、全世界同時公開にしてほしい所です。

ジージャー、後2、3年発言としてたんですか!謙遜、謙虚な姿勢の人物なんですね。
後、20年、30年の間違いですよね。全然若手だし、むしろ、これからと感じています。
ジージャーの活躍願います。

投稿: アクション | 2012/05/20 21:16

世代なのかもしれませんね。
ジャッキーのアクションにはとても楽しませてもらいました。
たぶんこれからも、アクションを含め俳優として、監督として、観客を楽しませてくれると思っています。

体力の衰えというのはやっぱりあると思うんですよ。
どんなに鍛えていても、ピークの時と同じようにはいかなくなっていくのでしょう。

それでも、「Chinese Zodiac」の予告を観る限り、何をおっしゃるんですか、まだまだいけるじゃないですか、ジャッキーさんって思っちゃいますけどね。

ジージャーさんの発言もですが、シビアに自分の体力を見つめているものなのかもしれませんね。
ジージャーさんもきっと、ミシェル・ヨーさんのようにいつまでもやれるように思います。
それでも、自分の中のピークという部分をシビアに見ている、そんなインタビューでの発言だと思いました。

投稿: NAO | 2012/05/20 23:46

はじめて「チョコレートファイター」を観た時、
氷屋のシーンではブルース・リーへの、
倉庫のシーンではジャッキー・チェンへのオマージュを
強く感じました。
自分もジャッキーに映画の楽しさを教えて貰った世代です。CGだとかハリウッドが派手になっていく一方で、身体にこだわって次々に新しいアクションを生み出していく姿勢。今、仕事の中で自分もそういう覚悟でいていれるのかな、と改めて感じさせられました。

ジャッキー氏もジージャーさんも、これからもまだまだスクリーンで活躍して貰えると思います!

投稿: くま | 2012/05/21 20:53

コメント、ありがとうございます。
ジャッキーさんは、素晴らしい映画人なのだと思います。
アクションの中にも、シリアスであったり、コミカルであったり、いろいろな要素を見せてくれたと思います。
そして、まだまだ、観客を楽しませてくれると思います。

また、ジージャーさんの「チョコレート・ファイター」でのアクションですが、単なるオマージュにとどまることなく、さらなる進化をさせようとしている気がします。
ジージャーさんの出演作を見ても、これ、前には見たことないぞぉと言うアクションを常にされているように思います。
さらなる進化を続けているそんな気がしています。

こんな動画もあります。
これを見ると、ジャッキーさんの動きの多用さもなのですが、それと同様のことをこなしているジージャーさんも素晴らしいなぁと思えます。

Jeeja Yanin V.S. Jackie Chan ( 琴嘉 V.S. 成龍 )
http://www.youtube.com/watch?v=s4maSMwC2y0

投稿: NAO | 2012/05/22 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37986/54751968

この記事へのトラックバック一覧です: 一つの時代が終わること:

« カンヌのフィルムマーケット | トップページ | 「チョコレート・バトラー」のサントラ »