« 物語としての「チョコレート・ファイター」 | トップページ | チャリティーイベントへの参加 »

2011/06/18

キネマ旬報 6月上旬号 2011 No.1584

Img

キネマ旬報 6月上旬号 2011 No.1584の「WORLD NEWS ASIA」のページに、「トム・ヤム・クン2」の事が載りました。
日本で「トム・ヤム・クン2」のことが記事になるのは初めてではないでしょうか?

これまでタイで発表されたことに基づいた記事のようで、新しい話はありませんでした。
ただ、1ページ以上を割いて、書かれているので記事としては大きく取り上げられているのだと思います。
トニーと、サハモンコン社、プラッチャヤー監督との確執と和解についても、ふれています。

最近のタイのサイトの記事を読むと、「トム・ヤム・クン2」は、まだ脚本が完成しておらず、まだ撮影には入っていないそうです。
(この記事は「ジージャーの「Raging Phoenix」を日本で観たい !!」にも掲載しています。)

追記(2011.06.28)
ハリウッドチャンネルに記事が載りました。
トニー・ジャーのスキャンダルも決着、「トム・ヤム・クン!2」が遂に始動!

|

« 物語としての「チョコレート・ファイター」 | トップページ | チャリティーイベントへの参加 »

トム・ヤム・クン2」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
こちらの記事欄にまとめて書き込みさせて頂きます。

前日記事、チョコレートファイター物語について

確かに鑑賞された方の感想は、物語として暗い一色で評価としては低い評価でしたね。
自分の感想は、NAOさんに近く暗いというよりなんか哀しいというか親子愛みたいな印象受けました。
だからこそ、あの派手でハードなアクションにつなげて見せる事が出来たと思いますし、一応流れとしてはつじつま合ってる印象受けました。

矛盾してる文になってしまいますが、ジージャー、チョコレートファイター、というワードは物語以上にハードアクションという印象を世界中に強く刻み込まれたと思います。
ですから、2製作時の物語は正直、自分は何でも良いです(笑)ジージャー作は普通に楽しめますね。
来年位には以前の通り日本で撮影期待しています。

今日の記事でスが、チラッと見ましたが、掲載されていましたね。確かにタイ映画でこれだけ大きく取り上げられるのは初です。
やはり注目されてる証と思います。2大スター、トニージャージージャー主演共演ですからね。
現在この御二人組んだら勝てるアクションスターはいないと思います。
日本記事で挙げられているので、公開はありと読んでいます。

脚本まだですか。(笑)今月中には仕上がり予想してます。役、物語、早く知りたいですね。自分でも、調べはしますが、やはりタイ語やタイ映画、タイ関連に精通されてるNAOさんが頼りです。またの情報お待ちします。

投稿: アクション | 2011/06/18 07:55

タイのwebにいくつか記事が出ていたので、訳してまたブログにまた載せたいと思います。
ちょっと時間がかかるかもしれませんが・・・。

上にも載せましたが、トニー・ジャーとジージャーの二人で、チャリティに参加したりと、マスコミに対しての露出も増えていくのかなぁとも思っています。

「トム・ヤム・クン2」に関しては、まだ、これからみたいです。
来年、あたりスクリーンで観られるといいなぁと思っています。

投稿: NAO | 2011/06/19 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37986/51869826

この記事へのトラックバック一覧です: キネマ旬報 6月上旬号 2011 No.1584:

« 物語としての「チョコレート・ファイター」 | トップページ | チャリティーイベントへの参加 »