« 4/6~大阪の新世界国際劇場で「チョコレート・ファイター」上映 | トップページ | 「Juk-ka-lan」プレス発表 »

2011/04/05

サハモンコンフィルムCEOのコメント ~トニー・ジャー、ジージャー、ダン・チューポン~

Ceo_3

少し前のタイのWebサイトに、トニー・ジャー、ジージャー、、ダン・チューポンの3人の今後について話したサハモンコンフィルムCEOのコメントが掲載されました。

'เสี่ยเจียง'เผยโปรเจ็กต์ใหญ่ ปี2554 ส่งออก'จา-จีจ้า-เดี่ยว'สู่ตลาดหนังตปท.

ここに書かれている事を訳してみました。
まだまだ、タイ語勉強中なので、きちんと訳せていない部分もあるかもしれませんが、ご容赦下さい。

シアジャンは、2554年(仏歴)、海外の映画市場に、ジャー、ジージャー、ダンを送り出す重大なプロジェクトを発表した。
タイ映画界のボス、シアジャン・シムサックディ・タチャラトプラサリトは、サハモンコンフィルムのCEOである。
彼は、3人の俳優、ジャー・パノム・イーラム、ジージャー・ヤーニン・ウィサミタナン、ダン・チューポン・チャングプルグが外国映画市場へ行くという大きなプロジェクトを進めます。
今年、ジャーは、外国映画市場、最初は中国へ行くでしょう。
ジャーとジージャーはともに外国での映画撮影に一年行くでしょう。
さらに、タイに戻ってきてタイの映画を撮影します。
会社は、外国で撮影した映画をタイで配給します。
そのことは会社の利益と言うだけでなく、俳優が海外での名声を得ると言うことでもあります。
又、タイ映画を海外の市場へ売り込んでいくでしょう。
ジャー・パノムの最初のプロジェクトは来年観ることが出来るでしょう。
ジージャーは、中国映画を撮る前に、プラッチャヤー監督の韓国映画に出演します。

プラッチャヤー監督とパンナー・リットグライは、2本の(外国)映画を撮るでしょう。

ジャーは、20年に及ぶ契約に同意した。10年、更に10年延長されました。
ジージャーとダンも一緒に契約に同意しました。(こちらはたぶん10年)

3人の俳優は、今年海外で仕事をします。
活躍する彼らを観ることが近く見られるだろう。

このCEOのコメントで驚いたのは、トニー・ジャーの復帰です。
還俗後、映画界での仕事に関しては、特にコメントが出ていなかっただけに、彼の復帰はとてもうれしいことだと思います。
そして、中国映画への出演予定があるとのこと。
前々から話が出ていたドニー・イェンとの共演だとうれしいのですが・・・。
まだ具体的にどんな作品に出るというはなしは出ていませんでした。

そして、ジージャーも中国映画への出演予定があるとのこと。
また、ダン・チューポンも海外の作品に出る予定があると言うこと。

「チョコレート2」の3Dの話しも、最初はCEOのコメントからでした。
ですので、このコメントの内容はかなり、信憑性があると思っています。

彼らの素晴らしいアクションが、日本のスクリーンで観られる日がきっとくると願っています。

追記(2011.04.09)
Twitchにトニー・ジャーの記事が載りました。
Tony Jaa To Return In Collaboration With Sammo Hung

追記(2011.05.01)
トニー・ジャー、ジージャー、ダン・チューポンの3人で「トム・ヤム・クン2」を製作するということが、2011年4月26日に発表されました。

|

« 4/6~大阪の新世界国際劇場で「チョコレート・ファイター」上映 | トップページ | 「Juk-ka-lan」プレス発表 »

ジージャー・ヤーニン」カテゴリの記事

トニー・ジャー」カテゴリの記事

コメント

初めまして!

翻訳ご苦労様です!

トニージャーの大ファンなのですが、ここ最近予定が発表されていなかったので、今回だいぶ興奮しています!(笑)

また来させていただきます~

投稿: ジャーファン | 2011/04/06 13:07

ジャーファンさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

CEOのコメントは、今年に入って直ぐに見たニュース映像以来の大ニュースだと思います。
CEOの話しているプロジェクトが具体的に動き出せば、写真なども出てくるかもしれません。

投稿: NAO | 2011/04/06 14:25

NAOさん
こんにちは、新情報ありがとうございます。内容としても大朗報ですね。
番訳、お疲れ様です。各国の文字、独特の物ありますが、タイの文字はタイ人の方達には大変失礼ですが、暗号というか、つなげ字という感じに見えますね。奥深さ感じます。

本題ですが、3名共に更なる飛躍ですね。嬉しい限りですし、この3名は特別なアクションスター、逸材と感じます。
トニージャー復活という事は出家終了なんでしょうか?
忘れていました、NAOさんおっしゃる通り、ドニー共演話、浮上してましたね。
復帰作第1弾は大きく派手な作品、ドニーと共演願いたいです。

中国新聞、太陽報?3月末の記事だったと思います。ドニーコメント「半年間休養をとる、この間武術研究、家族との時間に費やす、次のアクション作に向けての準備期間にしたい。近年、古装アクションが続いていたので、今年末に現代アクションを1本撮りたい。シナリオは5本位、自宅にある」そうで、今日のNaoさん提供のニュース拝見すると、トニーとの共演もあるかもと妄想期待してしまいます。

投稿: アクション | 2011/04/06 16:48

あの3人が海外の作品に出て、更に評価が上がり、彼らの出ている作品が、日本に入ってきて、スクリーンで観ることが出来るという、流れだとよりいいんですけどね。

トニー・ジャーの出家ですが、タイのwikiの記述では「ทัชชกร ยีรัมย์ ได้บวชเป็นพระอยู่ในศาสนาพุทธ เมื่อวันที่ 27 พฤษภาคม พ.ศ. 2553 จนถึงวันที่ 18 พฤศจิกายน พ.ศ. 2553 จึงลาสิกขาบท(2553年(2010年)5月27日から2553年11月18まで仏門に入っていた。)」と言うことでした。
その後、今年の1月には、小学校にチャリティで色々とプレゼントを届けたようです。
その時の記事では、まだ映画界復帰関して具体的な話はでていませんでした。

このCEOのコメントが出たのは3月の上旬でした。
まだ、その後の動きの話はありませんが、注目していきたい話です。

トニー VS ドニー これはめちゃくちゃみたいですよね。

投稿: NAO | 2011/04/07 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37986/51241505

この記事へのトラックバック一覧です: サハモンコンフィルムCEOのコメント ~トニー・ジャー、ジージャー、ダン・チューポン~:

« 4/6~大阪の新世界国際劇場で「チョコレート・ファイター」上映 | トップページ | 「Juk-ka-lan」プレス発表 »