« ブログを始めて半年ちょっと | トップページ | New York Asian Film Festivaの上映スケジュール »

2010/06/13

トニー・ジャーの出家

Tony1

先月末に、トニー・ジャーが出家したというニュースがありました。
ThaiFilmJournalの記事
Tony Jaa enters the monkhood

Twichの記事
ONG BAK Star Tony Jaa Joins The Monkhood.

5月にタイで公開された「Ong-bak3」は、これまで公開されたトニー・ジャー作品の中で、Box officeで1位が取れなかったはじめての作品となりました。
1位が取れなかった原因は一つではないとは思いますが、これまでの作品のようなヒットではなかったということにはなると思います。
Thailand Box Office IndexのWEEKEND BOX OFFICEを見ると、上映開始直後の週末が、2位、そこから、3位→7位→11位→16位。
「Ong-Bak2」は、1週目1位→2位→4位→8位→9位、その翌週はベストテンから落ちていました。

昨年のタイの記事ですが
เสี่ยเจียง ลั่น องค์บาก 4 ไม่เอา จา พนม (สยามดารา)

กู้วิกฤติหนัง เสี่ย ดัน จา พนม ประกบ จีจ้า

ปรัชญา รับห่าง จา พนม ร่วมงานได้แค่ในหน้าที่

彼を取り巻く状況という意味で上にある記事は関連してるかもと思っています。個人的な感想なので、実際は分かりませんが・・・。

トニー・ジャーの出家、引退というのは、日本ではあまり大きく取り上げられることのないニュースだと思います。
シネマトゥディの記事によれば、トニー・ジャーは、サハモンコンフィルムとの契約が、まだ2年ほど残っているそうです。

出家したまま、引退したままと言うことはないかもしれませんが、しばらくの間は、あの勇姿が観られないのかもしれません。
それに、以前、「Jeeja&Tony Jaa project」と言う話が出ていたので、いずれ共演することがあるかもなんて思っていましたが、それも当分はないのかもしれません。

日本では、7月7日に「マッハ!弐!」のDVDがポニーキャニオンから発売されます。
願わくば、「Ong-Bak3」、日本だと「マッハ!参!」になるでしょうか、この作品が日本で観られるといいなぁと思っています。
「マッハ!弐!」のラストのままじゃ、物語が消化不良のままですから。

追記(2011.01.11)
出家は、昨年の11月で終了して、還俗されているそうです。
現在のトニー・ジャーさんに関しては「2011/01/08  トニー・ジャーさ~ん」で書いています。

追記(2011.0408)
トニー・ジャーさんの今後の活動に関して、サハモンコンのCEOがコメントしています。
そのことについて、2011/04/05に「サハモンコンフィルムCEOのコメント ~トニー・ジャー、ジージャー、ダン・チューポン~」という書き込みをしました。

追記(2011.05.27)
出家の様子を映した動画をみつけましたので、掲載します。(前に掲載していたYouTubeの動画は削除されてしまったようです。)

出家の儀式の様子の映像
สุรินทร์-โกนหัวนาคจาพนม บวชพระ
สุรินทร์ - จาพนมบวชแล้ว ได้ฉายากิติโสภโน แปลว่าผู้มีชื่อเสียงงดงาม

|

« ブログを始めて半年ちょっと | トップページ | New York Asian Film Festivaの上映スケジュール »

トニー・ジャー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

NAOさん、こんばんは。
トニー・ジャーのファンとしては
彼のあの華麗なアクションが見れないのは
本当に本当に残念です。
彼を知らなければ、すごいアクション映画もジージャーも
知る事はなかったですから。
NAOさんがリンクはって下さったシネマトゥデイを読みました。
いつかまた戻ってくれると期待したいです。

投稿: Mick | 2010/06/13 21:07

コメント、ありがとうございます。
「マッハ!!!!!!!」を覧た時はやはり衝撃でした。
「マッハ!!!!!!!」と言う作品に、トニー・ジャーという俳優に、出会えたからこそ、タイの映画に興味を持ったのだし、ジージャーにも出会うことが出来たのだと思います。
ですので、出家、引退は、寂しく感じますし、必ず戻ってきて欲しいとも思っています。

「ปรัชญา รับห่าง จา พนม ร่วมงานได้แค่ในหน้าที่」の中で、ピンゲーオ監督が、「Ong Bak3」に関してコメントしていました。
直訳ではっきりしない部分もありますが、トニーとの間に溝が生まれてしまったように読めました。
観客には見えないことがいろいろとあったのかもしれません。

ですが、俳優トニー・ジャーをまた観たいと私は思っています。

投稿: NAO | 2010/06/13 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37986/48613894

この記事へのトラックバック一覧です: トニー・ジャーの出家:

« ブログを始めて半年ちょっと | トップページ | New York Asian Film Festivaの上映スケジュール »