« もう一度劇場で観れば良かった | トップページ | ゼンというキャラクター »

2009/12/03

あて書き

Jija1_12
「チョコレート・ファイター」の脚本で、ゼンというキャラクターは、ジージャーへのあて書きだったのだと思います。

何かのインタビューで監督が、「ジージャーが母親の看病をしているという話しを聞いて、その設定をゼンにも取り入れた」というような話しをしていました。
彼女の魅力を最大限に引き出すキャラクターとしてゼンが作られたのだと思います。

そういう意味では、これを超えるキャラクターや作品に出会うというのはかなり大変なことなのかもしれません。
でも、そんな心配を軽々と超えていって欲しいとも思います。

|

« もう一度劇場で観れば良かった | トップページ | ゼンというキャラクター »

チョコレート・ファイター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37986/46925097

この記事へのトラックバック一覧です: あて書き:

« もう一度劇場で観れば良かった | トップページ | ゼンというキャラクター »